アオリイカ 9/19(日)3連休中日の釣行 ももん君 - あおりいか エギングに魅せられた男

メインinfo用

メインinfo用エリア

アオリイカ 9/19(日)3連休中日の釣行 ももん君

遅ればせながら、ももん君から3連休中の
アオリイカ釣行報告が届いた。

-----------------------------------

9/19(日)3連休中日のアオリイカ釣行です

3連休は全部釣りに行きます。

この日は知り合いのK氏と釣りに出かけた

この方は会社経営者であり、利益水準も高いと思います。
今日はK氏宅に4:30に集合してアオリイカ釣りに出かけた。



向かう先は長橋漁港というところです。

K氏は長橋漁港から100メートルほど離れた「モジマ」という離れ磯の大ファンである
ここは真鯛のA級ポイントで、シーズンになれば誰かが外海に向かって籠釣りをしている

K氏はこのモジマをMY ILAND(自分の夢の島、天国)と呼んでいる
相当気に入っているのだ(僕はたまにこの島買ったらどうですか?と冗談を言っている)

ただ僕は、嫌いなポイントではないものの、
アオリイカはあまり釣れるポイントではないと思っている。


さて、今日はモジマに渡るのではなく、沖で釣ろうと話をしていた。

K氏がボートを用意してくれた。

彼の所有するボートはジョイクラフトの4人乗り、
トランサムボードがついているので船外機を装着できるのだ
(羨ましい、いつか僕も!)
船外機はヤマハの2馬力です
100919_1028271.jpg


さて、ここで聞いていただきたい事がある
昨年まで、長橋漁港からは問題なくボートを出すことが出来た
しかし今年はボート出向禁止の看板が立て掛けられている。

今年漁港に張ってあった鎖の柵を、
どうやら誰かが切ってしまったらしい

それで住民の方が怒ってボート出向禁止にしたと聞いたのだ。

皆さんこういう事はやめましょうね。

誰かがちょっと悪さをした事で
多くの人が楽しい釣りを出来なくなるのです。

福井は海が一番の資源だと思うのですが、
最近ホントに釣り場が狭められてきたと思います。



僕たちは仕方なく、漁港から少し離れた
スロープから出ることにした。

このスロープ(船を出し入れする緩やかな坂)は
誰の所有地でもないという事なので、
ここからボートを出しても誰からも
文句言われないと聞いた。(フナヤの情報です)

波は 0.3mと出ていたが、結構あるように思える。

私達はモジマから亀島までの点在する沖磯に向けて出港した。
釣りポイントに到着して、エギング開始!



最初のヒットはK氏だった。
彼はルアー専門の釣り師である。

初めてまだ3、4年ぐらいだが、釣行の経験とテレビ等で重ねた研究により
かなりの腕前を持っています。

次のヒットもK氏に来た、サイズも結構ある。
沖ではサイズも期待できるのだ。

何でもない顔をしつつも、私に焦りが見え始める。
その時!

ようやくヒット!
100920_075857.jpg


同長で13センチぐらいだろうか、シーズン前半としては
まずまずのサイズと思いたい。

しばし、ボートの上からエギングを楽しむ。

ところが、K氏の顔色が曇って来た
どうやら船酔いしたようだ(汗)

どこか近くの沖磯に乗ってしまおうと話するも、
点在する沖磯の磯周りの波打ち際が結構荒れていて
島に渡れない。

私は船酔いしない方なので、せっかく釣れる沖のポイントで
もう少し楽しみたかったが、
体調が悪くなっていくのでは仕方ない。

私達はどこか渡れる島を探して、ボートを走らせた。

いつもであれば、近くのモジマに渡るのであるが、
今日は全く新しい場所を探して、
長橋漁港の隣にある菅生漁港までボートを走らせた。

この漁港は外海に面したテトラ帯から
すぐ沖にある離れ島に向かっていいサラシが出来る
つまりは、スズキのポイントだそうだ。


私達は、漁港のすぐ前の離れ島に上陸することにした。

菅生漁港のテトラ帯にはすでに何人ものエギンガー達が竿を振っていた。
100919_0856161.jpg


その人達をしり目に、私達は離れ島に上陸。

ボートがなければ、漁港やテトラから釣るしかないので
(しかし、その方が釣れる時もあります)

自由に場所を選択して釣行できるのは贅沢なことである。

島に上陸して、K氏も酔いが落ち着いたのか、
先端から外界に向かってエギング開始
100919_0855521.jpg


僕はテンションが落ちていたため、持って来たビールで一休み。。



K氏にさっそく当たりが来た!

彼の釣法は、沈めてまずは激しいダート、
その後は糸ふけを完全に取り、テンションをかけてカーブフォール
当たりを敏感に取る釣法なのである。

場所を少し移動して再度エギング

またヒット!

やっぱりこんな離れ島でも釣れるんだぁと僕は眺めていました。

それならばと私も早速先端でエギング開始。
しかし当たりなし。

かろうじて1ハイのアオリイカが手前までエギを追っかけて来るのが
見えたが、乗っては来ない。

“釣りっておもしろいのかなぁ?”

釣れない時の感情が表に出てきた。



場所を移動して投げ続ける
諦めていたその時、ヒット!

どうやら沖の底でアオリイカがかかったようだ。
巻き取るまでに少し時間がかかった。

結局この日は私が5ハイ、K氏は6ハイ
100919_1407501.jpg


K氏はこの日奥様がいらっしゃらなくて、
捌くのが面倒だとの事で全部もらっちゃいました。

私はお世話になっているお客様や、
実家の母親のところに配って回る。


今年のエギングは、アオリイカが手前に寄って来ないので、
底でかけるべき話している方もいれば、
沖から手前に寄せてサイトで釣るべしと主張する方もいる。

エギのサイズも2.5が良いという方もいれば3.5で十分という方もいます。

実際底がけ、2.5号を徹底しているY氏は毎回30ハイほど
持って帰っていたやはり工夫や腕かなぁ(汗)

何はともあれ、少しの釣果とお土産をゲットし、
この日は納竿となりました。

僕の理想は毎回大釣りすること
頑張りたいと思います。


さて、明日は上州屋のエギング釣り大会です。

もちろん参加しますよ、友人とシューイチ氏と一緒に。。

タグキーワード
2010-09-30 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

Copyright © あおりいか エギングに魅せられた男 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。